声かけ〜おもちゃの貸し借り〜

お子さんがおもちゃで遊んでいるところに、お友だちがやってきて、"そのおもちゃ貸して"と言ってきました
あなたは何と声をかけますか?

児童館や子育て支援センターに遊びに行くと、よく目にする光景だと思います
その時に(あるいは、その状況が起こった時に)何と声をかけるのがいいのでしょう?

●貸してあげたら?
●貸してあげようね
●貸してあげなさい!
●一緒に遊んだら?
●もう十分遊んだよね?
などなど…その対応は色々と考えられます

●楽しく遊んでいるのをやめさせたらダメな気がする…
●でも、お友だちのお母さんやまわりの目が気になるし…
●貸せない子になっちゃうのはよくないよね…

うぅ〜ん、分からなーい!!
何て声をかけたらいいんだろう…?ってなりますよね
実は、ポイントがいくつかあるんです
それを学べるのが"ギフト教育"

今までの当たり前が覆る
脳科学に基づいた幼児教育
ギフト教育を学べば、育児が楽になり、お子さんの成長を楽しむことができます!
ギフト式乳幼児教育アドバイザー資格は、アドバイザーになるためだけでなく、ママ達の日々の育児を楽しくするため、ママ達がHappyになるための資格です!

一緒に学んで、
"辛い・苦しい・大変"な育児を
"楽(ラク)・楽しい・幸せ・嬉しい・Happy"に変えましょう!
お子さまのためだけではなく、ママのための幼児教育🌈

受講希望はお問い合わせください🌺
お問い合わせ・ご予約は こちら まで!
お待ちしてます🌈

0コメント

  • 1000 / 1000