"本物の"自己肯定感を養うには…

突然ですが!!
ちょっとしたシリーズものを始めようと思います!笑
.
◎幼児教育の重要性
◎ママ達が育児を学ぶことの大切さ
◎無知のこわさ
を分かってもらうためにも、私が学んだことのうち、
◎すごく大事だな
◎みんなに知っててほしいな
◎みんなこれで困っているんじゃないかな
と思うことを、少しずつお話していこうと思います
********************************
.
〜自己肯定感〜
.
育児をされている方でしたら、一度は耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?
(もちろん、初めて聞いた!でも全然大丈夫ですよ!(^^))
.
【定義】(実用日本語表現辞典)
自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉
.
この自己肯定感があるかないか(高いか低いか)は、簡単に言うと、
何か大きな壁にぶち当たった時に、
「僕(私)なら!!」と思うか
「僕(私)なんて…」と思うかの違い
.
例を見ても明らかなように、自己肯定感が高いか低いかで、"生き方"や"生きやすさ"は全然変わります
.
自己肯定感が高ければ、様々な出来事に対して積極的に取り組むことができ、幸福度も高まっていきます
自己肯定感が低ければ、意欲が低下するだけでなく、自分で自分を否定するような考え方しかできず、幸福度も高まりません
.
日本人は世界の中でも特に、自己肯定感が低いと言われています
↓↓↓
「自分はだめな人間だと思うか?」という質問に対して「そう思う」と回答した割合
日本(72.5%)中国(56.4%)アメリカ(45.1%)韓国(35.2%)
.
日本では"謙虚"を美徳とする考え方や風習がありますが、それと自己肯定感が低いというのは、イコールではありません!!
特にこれからは、どんどんグローバル社会になっていく中で、海外の人達と対等に渡り合えることは必須!
そのためにも、しっかり"本物の自己肯定感"をつけることが大事になってきます
.
では、"本物の自己肯定感"を養うにはどうしたらいいのでしょう?
↓↓↓
その答えが"ギフト教育"にあります!!
.
世界で活躍する人間に育てるため
それ以上に、
その子自身がより良く生きるため
その子の人生のベースを作るため
にも、しっかりとその方法を学び、子ども達と向き合うことが大事です
.
育児・保育は学ぶ時代
お教室に通わせる前にやるべきことがあります
週に一度のお教室よりも、ずっと一緒にいるママからの教えが子どもにとって1番の学びです
.
ギフト式乳幼児教育アドバイザー講座に関するお問い合わせ・ご予約は こちら

0コメント

  • 1000 / 1000